Member

物部彩花(もののべ あやか)

京都府出身

12歳よりアルトサックスを始め、14歳で声楽を学ぶ。

19歳でアルバムデビュー、ラジオ番組のメインパーソナリティーをつとめる。クラブジャズサウンドが好評を得て代表曲がBSジャパン内の番組テーマソングに起用される。

ニューヨークへ渡米、世界トップドラマーのオマー・ハキム氏との出逢いを機に本格的にジャズ、ゴスペル、ソウルを学ぶ。

2009年オマー氏参加のアルバム「Dear Souls(ディア ソウルズ)」がスウィングジャーナル誌選定ゴールドディスク賞を受賞。各誌で特集が組まれ、ジャズ売り上げチャート2位を記録。

2010年「ジャズディスク大賞録音賞 」を受賞。

2013年、美空ひばりの幻の名曲「魂のかけら」を歌い継ぐ唯一の日本人歌手として選ばれ、その曲を収録したアルバム「THE LADY OF SOUL(ザ・レディー・オブ・ソウル)をリリース。

ホイットニーヒューストンのプロデューサーとしても名高いナラダ・マイケル・ウォールデン氏や、ザ・プラターズとも共演を果たし活動の幅を広げていく。

近年では、大使館や米軍基地などの公式イベントで様々な国の国歌を歌い、各国首脳陣から高い評価を得ている。

2016年、全曲作詞/作曲/プロデュースを手掛けたニューアルバム「五色(ごしき)のラヴレター」が全国発売。

テレビ東京系列「THE カラオケバトル」歌の異種格闘技戦に出演、準優勝。

エミリー

プロフィール:神奈川県横浜市出身。1月13日生まれ。AB型。

3歳から劇団に所属し、CMのアフレコやミュージカルの子役を経験し、音楽やダンスで自己を表現することに楽しさを見出す。

また、食事で人の病を治したいという想いから管理栄養士の資格を取得し、病院の管理栄養士として5年間勤務する。

大学からサックスプレーヤー向井志門(オーサカ≒モノレール)に師事し、ビッグバンドを始める。現在、ビッグバンド「Swingin' Devils 」に参加、「Lady Honkerz」のリーダーとして活動し、病院や保健施設、結婚式場、ジャズフェスティバルなど様々な場所で演奏している。“人の心と身体を癒せるエンターテイナー”を目指し、活動中。

楽器歴:3歳からピアノ、中学2年生からサックスを習う。

好きなこと(もの):Blythe、実和子(漫画「パラダイスキス」より)、ANNA SUI、イラストを描くこと

得意なこと:妄想、プラス思考

ファンの皆様に一言:

1ミリ、2ミリ…エミリーです!

みんな、エミリーのこと

好きになーれ♡

橋田”ペッカー”正人
日本パーカッション界の草分け的存在。1977年に渡米し、ブラック&ラテン系ミュージシャンとのセッションを重ね、帰国後に日本初のサルサ・バンド、オルケスタ・デル・ソルを結成。数多くの作品を発表。80年ソロアルバムをジャマイカで録音、ボブ・マーレー&ウェイラーズ、そしてスライ&ロビーの全面協力を得て世界発売。

2016年リマスタリングアナログ盤、CDが発売中!

MISIA、坂本龍一、長渕剛、浜田省吾、尾崎豊、松田聖子、松任谷由実、SMAP、嵐、Sexyzone、kinki-kidsなど数多くのレコーディングおよびツアーに参加するなど、セッション・プレイヤーとしても活躍。これまでにレコーディング楽曲は、アルバム、シングル、TVCMを含め25000曲を超えている。沢田研二Cocolo、上原ユカリ氏と共に参加。

数々の有名企業のCMナレーションを担当『HONDA,マツダ、三ツ矢サイダー、ダイワハウス、ネッスル、グリコ、日立、サントリー、ハウス、東京ガス、ANA』など。

上原”ユカリ”裕

14才でドラムを始める。

1973年3月、マネージャー福岡風太、バンド「ごまのはえ」メンバー5名で上京、米軍横田基地周辺の旧米軍ハウスに移り住む。

「ごまのはえ」解散後、「ココナツバンク」、「りりィ&バイバイセッションバンド」、「ハイファイセット」、「シュガーベイブ」、等 のバンド他、福生の大瀧詠一氏のスタジオにて多数のレコーディングを経験する。

1978年都内に移転、井上陽水氏のバンドメンバーに、1980年、沢田研二氏の「Exotics」に参加、バンドは後に「Cocolo」になる。

このころスタジオワークも多くなり、1986年、「KAI BAND」解散ツアー「PARTY」に参加、その直後休業、1996年復帰。忌野清志郎ラフィータフィー、瀬川洋&トラヴェリンオーシャンブルーバーズ、金子マリ、トータス松本他多数の音楽家と演奏を共に。現在 高満洋子Duo、Trioでは歌も歌ってます。

山田ノブマサ

プロデューサー/レコーディング・エンジニア/ドラマー

大学在学中よりジャズ、ロックなどのバンドでドラムを演奏。

卒業後は家電メーカーで半導体の設計技術者を経てビクター・スタジオに入社、1993年にフリーランスのレコーディングエンジニアとなり、自身のスタジオamp'box Recording studioを拠点に、LOVE PSYCHEDELICO(ラブサイケデリコ)、OKAMOTO'S、福山 雅治、WHITE ASH、moumoon、南 佳孝、元 ちとせ、ゴスペラーズ、秋川 雅史、ダイヤモンド☆ユカイ、ケミストリー、広瀬 香美、大橋 純子、チューリップ、坂本 真綾、近藤 夏子、Rihwa、一十三十一、ホフディラン、及川光博、貴水 博之(HIRO)、林田 健司、CORE OF SOUL、SMAP、嵐、小泉 今日子、松本 伊代、荻野目 洋子、酒井法子、近藤 等則(Tp)、小林 香織(sax)、天野 清次(G)、David T Walker、Lenny Castro(TOTO)、トニーニョ・オルタ、ジョアンジルベルト、国府 弘子(p)、レイラホワイト、村上ポンタ秀一、丈青(PIANO)、スガダイロー(PIANO)、クアトロ・ロコス、日野"JINO"賢二、Luis Valle(Tp)、 grooveline(Jazz-hiphop)、Mie(ピンクレディー)、等のレコーディング/ MIXINGを担当

また、ラブサイケデリコ、moumoon、堀江博久の作品制作にはエンジニアとしてだけでなく、ミュージシャンとしても深く関与する。

長谷川友二

シンガーソングライター、ギタリスト

国内屈指の高度な弾き語りスタイルが各方面で高い評価を得ている シンガーソングライター&ギタリスト。血液型O型。1964年東京生まれ。鎌倉育ち。

ギタリスト&シンガーとして多数のCDレコーディングに参加。ソロアーティストとしても4枚のアルバムと1枚のシングルをリリースしている。

キッズソングシリーズ(キングレーコード)、3DSゲームソフト『ファンタジーライフ』などヴォーカリストとしても多数のレコーディングに参加している。

2010年「徹子の部屋(TV Asahi)」にて話題のシンガー佐々木秀実と共に出演。またスピリチュアルカウンセラー江原啓之ツアー2010年よりコ-ラス&ギタリストとして参加。

クレストフォーシンガーズのメンバーとしてデビューした1985年から数えて30数年、その間 沢田研二,麻倉未稀,京本政樹,SMAP,本田美奈子.,植松伸夫,ヒダノ修一,TheSunsetRiders,ル・クプル,篠原涼子,中西保志,CD『ファイナルファンタジーSongBookまほろば』CXドラマ「牡丹と薔薇」など、多種多様なミュージックシーンで彼のギターサウンドは厚い信頼を得ている。

最新作『うたたね』はソロギターの美しい響きを収録したギター演奏集。DogEarRecordsより全世界に向けてiTunesでも配信中!

斎藤タカヤ

piano/key/compose/arrangement

東京・新宿にて生まれる。5歳頃に自発的にピアノを弾き始め、約10年間クラシックのレッスンを受ける。

大学卒業後、プロとしてのキャリアをスタートし、様々なバンドやセッション/レコーディングに参加する中、キューバやプエルトリコなど、カリブ海諸国の民族音楽やサルサなどのラテン音楽を本格的に演奏できる、日本でも数少ないエキスパートとして認知されるようになっていく。

2001年、日本のラテン音楽界最高峰に位置するキューバンコンテンポラリーサルサバンド「Grupo Chevere」にキーボーディストとして加入。

2003年~2007年の間には、当時メンバーとして在籍していたいくつかのバンドがキューバの音楽フェスに参加するなどの機会に恵まれ、キューバに4回渡航。それぞれ、各地の公演では現地ミュージシャンとの交流を深め、キューバンスタイルの特殊なピアノ演奏が本場でも絶賛を受ける。

この頃から、劇団四季のミュージカル「ライオンキング」のオーケストラにキーボード奏者として参加し、ジャズやラテンの要素がほとんどない音楽をがんばって指揮者に従い譜面に忠実に演奏する。2006年には、村上”ボンタ”秀一(ds)の率いるバンドに参加。ファンク/ソウル系ボーカリストのサポートなどのセッションで幅広いピアノのプレイスタイルをがんばって発揮する。2007年には、日本を代表するサルサバンドとして世界的に知られる「Orquesta de La Luz」にピアニスト/コーラスとして加入。現在まで、全国的なライブ活動での演奏を始め、編曲やレコーディングにおけるリミックスなども担当し、バンドサウンドを決定する役割も果たしている。その他、ベース伊藤寛康とのduoユニット「Project Duo」や5人組アカペラサルサグループ「サルサ5」、また、自己が率いるオラオラ系ラテンユニット「ラテン番長」などでも全国各地にわたって広く活動している。また、国内著名アーティストとのライブ共演やレコーディング(主な共演者:井上陽水、Puffy、山崎まさよし、SMAP、TUBE、松任谷由実、宮沢和史、キマグレン、大黒摩季、南佳孝、太田裕美、中島啓江、小椋佳、未唯mie、TOKU、Sheila、タモリ... 等々)、作・編曲(TV番組・TVCM等への音楽提供、各種音楽制作、サルサ編曲)、ソロピアノ、TV・ラジオ番組出演 など、音楽家として幅広い分野での活動を展開している。

レオ伊藤

GuiryGuily発起人

幼年期よりピアノを始める。両親の影響でクラシック音楽、ブラジル系音楽に囲まれて育ち、様々な打楽器パートを家中のあらゆる物を叩き真似て過ごす。

家にあったクラシックギターを手に取るもトレースするのはひたすらベースパートという根っからのリズム&低音フェチ。

十代初めに聴いたGrover Washington Jr、Dexter Gordon、Tower of Powerに影響されテナーサックスを覚える為ブラスバンドに入部するが「男子だから」という理由でチューバ担当となる。その後中学卒業間際に念願のテナーサックスパートの座を得る。

十代中盤はファンク系に傾倒、イギリスのジャズファンクバンドLevel42のベースをひたすらコピーしスラップ技術に磨きを掛ける。

サルサ、マンボ、ブラジル、フュージョン、ジャズ、ロック、クラシック、プロアマ・小編成バンド、大編成オルケスタ等、ジャンルを問わず、ベース・管楽器・パーカッション等でサポート演奏、イタリアの老舗レーベルIrma Records、Aperitivo Records、Avex Music Creativeへ楽曲・素材の提供をしている。座右の名は「人生一度きり」「裸で何が悪い」

☆当バンドに関する小話

インターネットで「日本一の本格レゲエバンドを作りたい!」と投稿した所、あれよあれよと超一流ミュージシャンが集合。
時代、洋楽邦楽にこだわらず往年の名曲をレゲエサウンドに焼き直し、あらゆるジャンルに精通した素晴らしい音楽家達と共に秀逸なサウンドを皆様にご提供いたします。日本一のレジェンドレゲエバンドを目指して精進いたします。

音楽で世界に平和を!YAHMAN!